初めて住み替えをされる方のためのページ

今は検討段階という方でもためになる内容となっております。

不動産査定・マンション査定ならおうち価格.com

不動産査定とマンション査定を簡単無料でできる おうち価格.com

最大6社に無料審査を一括依頼!!~~選べる4つの査定方法~~

  1. HOME
  2. マンションの無料売却査定
  3. > はじめての住み替え

はじめての住み替え

住み替えを検討する理由は様々でしょう。転勤、家族構成の変化、教育環境、ライフスタイルの変化等々……。あるいは資金が貯まってきたので、今よりランクアップしたいという方もいらっしゃるでしょう。住み替えは幾つかのパターンに分かれます。

  • 住まいを売却し、新たに購入した物件に転居(買い替え)
  • 住まいを売却し、新たに賃貸契約した物件に転居
  • 住まいを賃貸にし、新たに購入した物件に転居
  • 住まいを賃貸にし、新たに賃貸契約した物件に転居

どの選択肢が良いのかは、予算や今後のライフプラン等によって異なります。なにより、住まいの購入は大きな買い物です。検討のポイントになってくるのが収支でしょう。購入時と売却時でどれくらい額が変わってくるのか、また売却と賃貸でどちらが向いているのか。今の住まいの価値を知ることが、満足のいく住み替えへの近道です。まずは住まいの査定してみましょう。
※売却と賃貸について詳しくは、マンションを売るかどうか迷ったときをご覧ください

無料オンライン査定スタート

住まいの買い替え-手順

買い替える場合の大まかな流れは以下のようになります。

売却の流れ 1 住まいの査定 2 売却活動(不動産会社と契約) 3 売却契約 4 決済・物件引渡し

※詳しくは、マンション売却の流れをご覧ください

購入の流れ 1 資金計画 2 物件探し 3 購入契約 4 ローン手続き 5 決済・物件引渡し 6 入居

売却後もローンの残債がある場合でも、条件が合えば残債を含めた買い替えローンを組むことができます。また、売却損が出た場合は税金の控除を受けられる場合もあります。もちろん、ローンの返済総額が増える等のリスクもありますので、資金計画を十分検討してみましょう。

住まいの買い替え-タイミング

生活に欠かせないのが衣食住です。その為住まいの買い替えでは「売却」と「購入」のタイミングが重要になってきます。もしタイミングがずれると何かとデメリットが生じます。売却先行の場合と購入先行の場合、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

  売却先行 購入先行
  住まいの売却を先に行ない、資金を確定してから、新しい購入物件を探す方法です。購入物件が特定されていない場合は、安心で確実な方法です。 購入物件を決めてから売却を行なう方法です。売却した資金を使えないため、資金的に余裕のある場合に有効です。
○ メリット
  • 売却金額が決まり、購入資金額が確定するので、物件の資金計画が立てやすい。
  • 売却を急ぐ必要がないので、価格交渉などある程度余裕を持って進められる。
  • たとえ買い替えを中断したとしても住む家が残る。
  • 希望の条件にあった購入物件を、気長に探せる。
  • 仮住まいなどの余計な費用がかからず、引渡し・引越しがスムーズにできる。
  • 空物件を見てもらえるので、生活感による見方の偏りが減る。
× デメリット
  • 売却が決まれば、買主に物件を引渡すまでに、新しい住居に移らなければならない。
  • 売却後すぐに新居が見つからないと、仮住まいする手間とお金がかかる。
  • 新居の取得までに今の住まいを売却できない場合、ダブルローンになったりローンを組めない可能性もある。
  • 売却に時間がかかると、売り焦って急ぎの売却となり、売却金額が低くなる事もある。

無料!入力は1分で完了の簡単査定!オンライン査定をしてみる。