親子間売買(おやこかんばいばい)の説明をします

親子、兄弟、親族間で不動産を売却することを言います。

不動産査定・マンション査定ならおうち価格.com

不動産査定とマンション査定を簡単無料でできる おうち価格.com

最大6社に無料審査を一括依頼!!~~選べる4つの査定方法~~

  1. HOME
  2. 不動産売却の手引き
  3. 不動産用語集
  4. > 親子(親族)間売買(おやこ(しんぞく)かんばいばい)とは

不動産用語集

親子(親族)間売買 おやこ(しんぞく)かんばいばい とは


親子(親族)間売買とは、親子、兄弟、親族間で不動産を売却することを言います。

親子間での不動産取引の場合、相続や贈与ではなく、なぜ売買の形をとるのか。また、不動産売買と称して低金利の住宅ローンを別の用途(事業等の債務返済等)に利用される可能性や、親族間での売買価格の適正性(ローンの目的外利用のために金額を釣り上げる可能性)を担保できないなど諸所の問題があるため、ローンを組むことが難しい場合もありますので注意が必要です。

無料!入力は1分で完了の簡単査定!オンライン査定をしてみる。