境界標(きょうかいひょう)の説明をします

杭や鋲、水路や道路などの人工の標識と、樹木や奇岩、河川のような地形などの自然の標識があります。

不動産査定・マンション査定ならおうち価格.com

不動産査定とマンション査定を簡単無料でできる おうち価格.com

最大6社に無料審査を一括依頼!!~~選べる4つの査定方法~~

  1. HOME
  2. 不動産売却の手引き
  3. 不動産用語集
  4. > 境界標(きょうかいひょう)とは

不動産用語集

境界標 きょうかいひょう とは


境界標とは、公法上の境界(筆界)を示す標識のことを言います。

境界標には、杭や鋲、水路や道路などの人工の標識と、樹木や奇岩、河川のような地形などの自然の標識があります。人工的な境界標は、隣接地の所有者双方が境界を確認した後に設置されるもので、形状や材質についての制約はなく、材質の耐久性や埋設の堅固性をもち、永続性のある標識であれば問題ありません。杭状のものやプレート状のものや鋲状のものなど様々な形状があり、材質についてもコンクリートや御影石、プラスチックや金属など、設置場所やコストにより様々な境界標が存在します。

無料!入力は1分で完了の簡単査定!オンライン査定をしてみる。