法定地上権(ほうていちじょうけん)の説明をします

法律の規定により建物の保護を目的として自動的に発生した地上権のこと

不動産査定・マンション査定ならおうち価格.com

不動産査定とマンション査定を簡単無料でできる おうち価格.com

最大6社に無料審査を一括依頼!!~~選べる4つの査定方法~~

  1. HOME
  2. 不動産売却の手引き
  3. 不動産用語集
  4. > 法定地上権(ほうていちじょうけん)とは

不動産用語集

法定地上権 ほうていちじょうけん とは


法定地上権とは、土地とその土地上の建物を同じ所有者が所有している場合に、抵当権の行使などにより競売等で土地と建物が別々の所有者となり、法律の規定により建物の保護を目的として自動的に発生した地上権のことを言います。

ここでいう地上権とは、建物や工作物を所有する目的で他人の土地を使用する権利のことで、発生した法定地上権をもつ者は、その土地を所有する者に利用料の支払を請求される場合があり、利用料の金額については当事者の協議で決定し、協議が成立しない場合は裁判所が決定します。

無料!入力は1分で完了の簡単査定!オンライン査定をしてみる。