非課税取引(ひかぜいとりひき)の説明をします

課税することが望ましくない取引など、課税対象から除外された取引のこと

不動産査定・マンション査定ならおうち価格.com

不動産査定とマンション査定を簡単無料でできる おうち価格.com

最大6社に無料審査を一括依頼!!~~選べる4つの査定方法~~

  1. HOME
  2. 不動産売却の手引き
  3. 不動産用語集
  4. > 非課税取引(ひかぜいとりひき)とは

不動産用語集

非課税取引 ひかぜいとりひき とは


課税取引とは、社会政策的に特別に課税しないことを認められた取引や、課税することが望ましくない取引など、課税対象から除外された取引のことを言います。

居住用建物の賃貸借で発生する家賃(敷金、保証金、礼金、更新料等など)や、土地上の権利(地上権など)などの取引が非課税取引となっています。

無料!入力は1分で完了の簡単査定!オンライン査定をしてみる。