不動産取得税(ふどうさんしゅとくぜい)の説明をします

不動産で収入を取得した場合に不動産を取得したものを対象として課される税金

不動産査定・マンション査定ならおうち価格.com

不動産査定とマンション査定を簡単無料でできる おうち価格.com

最大6社に無料審査を一括依頼!!~~選べる4つの査定方法~~

  1. HOME
  2. 不動産売却の手引き
  3. 不動産用語集
  4. > 不動産取得税(ふどうさんしゅとくぜい)とは

不動産用語集

不動産取得税 ふどうさんしゅとくぜい とは


不動産取得税とは、不動産を売買、贈与、新築等により取得した場合に不動産を取得したものを対象として課される税金のことを言います。

こちらの課税には登記の有無は関係なく、所有権を取得した時点で課税の対象になります。市町村が毎年課税する固定資産税と違って、不動産を取得した時に一度だけ都道府県に収めます。

無料!入力は1分で完了の簡単査定!オンライン査定をしてみる。