売買契約(ばいばいけいやく)の説明をします

不動産仲介会社などの宅地建物取引業事業者に依頼する契約のことを言います。

不動産査定・マンション査定ならおうち価格.com

不動産査定とマンション査定を簡単無料でできる おうち価格.com

最大6社に無料審査を一括依頼!!~~選べる4つの査定方法~~

  1. HOME
  2. 不動産売却の手引き
  3. 不動産用語集
  4. > 売買契約(ばいばいけいやく)とは

不動産用語集

売買契約 ばいばいけいやく とは


売買契約とは、売主と買主の「売ります」「買います」というお互いの意思が一致した時点で成り立つ売買に関する契約のことを言います。

売買契約は、口約束でも成立してしまうため、不動産売買のような高額の取引の場合はトラブルを防ぐためにも書面での売買契約が一般的です。また、売買契約においては、不要式契約(一定の方式を必要としない契約)のため、契約の条件については当事者同士で決定します。契約の条件としては、手付金などの金額や代金の支払い方法、引き渡し時期など、お互いが納得できる条件を設定します。不動産会社と取引する場合は、売買契約の前に重要事項説明が義務付けられています。

また、売買契約には仮契約といったものは存在しません。契約書を交わした時点では仮契約を結んだだけで、支払いの時点で契約が成立すると勘違いされる場合がありますが、契約書を交わした時点で契約は成立してしまうため、支払った手付金は返還されません。申込書への署名捺印であれば、売買契約はまだ成立していないため、申込を撤回した場合には申込金が返ってきますので、仮契約の署名捺印を求められた場合は、売買契約なのか申込なのかを明確にしておく必要があります。

無料!入力は1分で完了の簡単査定!オンライン査定をしてみる。